まだ間に合う40代からの婚活


縁のイメージ写真

40代の婚活は、就職活動のように厳しいのではないかと思いがちです。しかし、ここ最近では、男女ともに40代の婚活人口が増えています。というのも、昔と比べると今の40代はお洒落で見た目も心もとても若々しく恋愛現役という方が増えています。単純に年齢だけで婚活が有利であるとか不利であるとかを論じられる時代ではなくなったと言えます。

婚活また、30代までの婚活との違いは、子供を希望するかしないかです。40代からの婚活の場合は、出産を希望しない場合もあり30代のそれと比べて自由な婚活となっています。40代は20代よりも経済的な余裕があり、生活基盤が安定しているため、落ち着いた大人の婚活ができるメリットもあります。40代からの婚活でも遅く、あきらめる理由はありません。

遅すぎる、早すぎる、いわゆる婚活適齢期という考え方はもはや存在していないと考えられます。仕事も結婚も出産も諦める必要はありません。かつては女性の結婚は若いほうが有利と言われていましたが、女性の社会進出などで責任のある仕事を任されている方が増えてきています。

各々が結婚を望むタイミングで婚活を始めることが婚活適齢期と言えます。時間的な制約や、経済的な事情で余裕がない場合もあります。婚活をはじめるのにちょうどいい年齢も人によって違います。

婚活適齢期にやるべきこと


一般的に婚活適齢期と言えば、女性であれば20代、男性であれば20代後半から30代前半をイメージします。現在は男女とも初婚年齢が高くなっています。理由としては、仕事に遊び、独身のうちしかできないことをしたい。まだまだ自由を楽しみたいという思いと、結婚もしたいという思いが交錯します。40代でも結婚したいという人が増えているのも現実です。

理想のパートナー一般的な交際期間は4年半と言われています。20代で婚活を考えたとします。それは20代のうちに結婚して、ひとり目の子が欲しいとか、子供のためにもおばさんではいやだなどの理由があると思います。早く結婚したい理由は様々です。子育てや介護などのライフプランを考えるとあまりのんびりしていられないのも現実です。

一方、婚活での出会いから結婚までの交際期間は1年から1年半です。お互いに結婚に対して積極的に活動しているため、無駄がなく交際期間が短く済みます。結婚したいと考えている年齢からでは、間に合わない可能性が高くなります。

良い出会いを求める機会を広げるための活動が婚活ですから、婚活をはじめる年齢に早いも遅いもありません。却って今すぐにでも婚活をはじめれば、理想のパートナーと早く結婚できる可能性が高くなります。結婚相談所への登録など、出来ることから始めてみることをおすすめします。

参考_結婚相談所ならフィオーレ「FIORE」

結婚相談所と活用した婚活について


自然な出会いで恋愛結婚という流れにあこがれを抱くこともありますが、理想の出会いというのは、かなり積極的に行動しなければ難しいのが現実です。婚活に興味はあるが少し抵抗がある、年齢的に早い、または遅いと考えている人は大勢います。そもそも婚活はどうして必要なのか、どうしたら理想のパートナーに出会えるのか、また婚活適齢期について考えてみます。

ご縁

かつては20代後半にもなれば結婚するのが当たり前の時代でした。しかし、今では結婚に対する必要性が薄れつつあります。当局の調査によると、1980年の生涯における未婚率は女性が4.45%、男性が2.26%であるのに対し、2010年では女性が10.6%、男性は20.1%と急増していることが分かります。日本が少子化問題を抱えるわけです。その理由について考えてみます。

もはやその存在すら忘れ去られようとしている世話焼きおばちゃんの存在がありました。かつては近所付き合いが盛んだったため、世話焼きおばちゃんがお見合い話を持って来るということが日常でした。他人のお節介ならしょうがないと見合いの言い訳もできたものです。結婚したいとは思っていても、職場で出会う機会がない、もしくは仕事が忙しくて時間がないという理由もあります。 また、女性の社会進出が進んだ結果、結婚して子供を産み、家事をするのが女性の仕事という概念がなくなり、男女とも結婚に対するニーズが薄れていることも理由として考えられます。