結婚相談所と活用した婚活について

自然な出会いで恋愛結婚という流れにあこがれを抱くこともありますが、理想の出会いというのは、かなり積極的に行動しなければ難しいのが現実です。

婚活に興味はあるが少し抵抗がある、年齢的に早い、または遅いと考えている人は大勢います。そもそも婚活はどうして必要なのか、どうしたら理想のパートナーに出会えるのか、また婚活適齢期について考えてみます。かつては20代後半にもなれば結婚するのが当たり前の時代でした。

しかし、今では結婚に対する必要性が薄れつつあります。当局の調査によると、1980年の生涯における未婚率は女性が4.45%、男性が2.26%であるのに対し、2010年では女性が10.6%、男性は20.1%と急増していることが分かります。

日本が少子化問題を抱えるわけです。その理由について考えてみます。もはやその存在すら忘れ去られようとしている世話焼きおばちゃんの存在がありました。かつては近所付き合いが盛んだったため、世話焼きおばちゃんがお見合い話を持って来るということが日常でした。

他人のお節介ならしょうがないと見合いの言い訳もできたものです。

結婚したいとは思っていても、職場で出会う機会がない、もしくは仕事が忙しくて時間がないという理由もあります。また、女性の社会進出が進んだ結果、結婚して子供を産み、家事をするのが女性の仕事という概念がなくなり、男女とも結婚に対するニーズが薄れていることも理由として考えられます。

参考サイト(結婚相談所ならフィオーレ「FIORE」)